今も昔も変わらない

ここで暮らす人々に触れ合えば心がぬくもりに満たされる。美味しい空気、きれいな水や山、四季折々の風景がここにある。
初めて訪れるのに、何故だか、ふるさとのように懐かしいぬくもりがある。

昔から伝えられてきた、自然とともに生きる生活の知恵。ここは過疎高齢化の進む田舎。でも、お年寄りはみんな元気。何故だろう?自然とともに生きているから。 
今こそ、伝統文化の師である地域の匠や、お年寄りの知恵を学ぶとき。
 

厳しい冬も終わり、春そして初夏へ

こ寒い冬が終わり、春がきたよと田んぼのあちこちで蛙の声が響き渡ります。この頃、農家は田植の準備で忙しくなります。田植えが終わった頃、源氏蛍が初夏の夜空を彩ってくれます。
見においで、やさしい気持ち、自然がそっと気づかせてくれる。夜になったら空を見上げてみよう。いっぱいの星たちが迎えてくれる。

真夏から稔の秋へ、そして・・・。

春から夏へ、わくわくする季節。そして、子どもたちにとっては一回り大きくなる季節。
目を輝かせ、真黒になるまで野山や川で遊ぶ楽しさ・・・。大人になってても忘れない。

これからもずっと・・・。

秋になり、収穫を味わう。そして冬になり、新年を迎える。こうして同じこと毎年繰り返している。これからもずっと・・・。